Logo

Sustainability Promotion Structure

サステナビリティ推進体制

サステナビリティ推進体制

サステナビリティ委員会

MCUBSは、2013年に設置したサステナビリティ・コミッティを2020年1月に「サステナビリティ委員会」として、新たに組織化しました。これにより、MCUBSのサステナビリティ推進体制は、サステナビリティ委員会を中心に戦略を立案し、運用する2つの投資法人の活動をモニタリングすることで、ステークホルダーの皆さまの期待を超える価値を創造できるよう、万全を期していく所存です。
また、各本部にESG担当者を設置し、投資法人毎のサステナビリティ目標に沿った活動を牽引していく役目を担うことで、日々の投資・運用プロセスにESGを融合させていきます。

最高サステナビリティ責任者

サステナビリティ推進体制を強化するため、最高サステナビリティ責任者(以下、CSO)として代表取締役副社長が就任しました。CSOは、サステナビリティ委員会の委員長として委員会で確認した事項をMCUBSの代表取締役社長が議長を務める取締役会へ報告し、課題認識の共有や意識レベルの向上に努めていきます。

副社長(CSO)メッセージ

代表取締役副社長

昨今の意識の急速な拡がりに見られるように、サステナビリティの重要性は日を追うごとに高まっています。特に2020年は、新型コロナウイルスの影響により社会のあり方に大きな変化がもたらされ、環境への配慮も社会的要請としてより実践的な行動が求められるようになった転換点となりました。
MCUBSにとっても、ESGは経営基本方針の一角をなす非常に重要なテーマであり、このような社会的要請の中で、当社のESG活動を更に一層飛躍させなければならないと心を新たにしています。
今般、ESG活動の推進力強化を目指して、コーポレート本部にあった企画調査・ESG推進部をマネジメント直轄のESG推進室とし、よりマネジメントに近い位置でESGを推進する体制を構築いたしました。
今後も、ステークホルダーの皆さまの期待を超える価値を創造できるよう、万全を期していく所存です。

代表取締役副社長 兼 最高サステナビリティ責任者
鈴木 直樹

サステナビリティ委員会構成図

委員会メンバー

この表は左右にスクロールできます。

委員長 CSO
常任委員 社長、COO、都市事業本部長、インダストリアル本部長、コーポレート本部長、
経営企画室長、ESG推進室長
事務局 ESG推進室

開催頻度

サステナビリティ委員会は、原則四半期に一度開催されます。
実務担当者レベルでより詳細な議論を行う分科会も適宜開催されています。

主な検討事項

  • サステナビリティ方針、戦略及び体制
  • サステナビリティ目標
  • 環境団体などへの加盟及び署名等
  • ESG Reportの承認
  • 活動報告
  • グリーン適格資産

ESG担当者制度について

各本部にESG担当者を設置し、投資法人毎のサステナビリティ目標に沿った活動を牽引していく役目を担うことで、日々の投資・運用プロセスにESGを融合させています。